So-net無料ブログ作成

国会事故調は何をいいたかったのか??? [Social Policy]

国会事故調が7月5日に最終報告書を出し,同時に英文の要約を公表して,黒川委員長が外国人記者クラブで90分に亘って質疑応答に答えたそうです.

それは,海外でまことに不評です.とりわけ,その結論が The disaster was "made in Japan." と, 「日本文化」に責任を押しつけたことにあります.

政府のカラ菅,枝野,海江田等の事態処理の責任を厳しく問い,東京電力TEPCOの責任も厳しく問い,
(1)2006年に提起されていた大地震と津波の予測にきちんと目を向けなかった責任を問い,
(2)事態発生後のカラ菅とTEPCO の無能振りも厳しく糾弾し,
(3)せっかくのSpeedi の放射能拡散地図,アメリカ空軍から提供された放射能拡散地図もいずれも住民の混乱を招くとして,長期に亘って公表されなかった無責任さを指摘しながら,

結局,そうした指揮命令系統の主客逆転を招いた日本文化に責任を帰したことに,海外の論評はたいへん物足りなさと不満を感じているようです.

But behind the safety missteps and lack of readiness for a tsunami in a region known for powerful earthquakes, are cultural traits that ensured the disaster was "made in Japan", Kurokawa said.

"Its fundamental causes," he wrote, "are to be found in the ingrained conventions of Japanese culture: our reflexive obedience; our reluctance to question authority; our devotion to 'sticking with the programme'; our groupism; and our insularity.

"What must be admitted – very painfully – is that this was a disaster 'Made in Japan'.

None of the agencies involved emerged with any credit. "The Fukushima nuclear power plant accident was the result of collusion between the government, the regulators and Tepco, and the lack of governance by said parties,"

"Across the board, the commission found ignorance and arrogance unforgivable for anyone or any organisation that deals with nuclear power. We found a disregard for global trends and a disregard for public safety."

The 10-member commission is one of several panels investigating the Fukushima Daiichi accident. The report follows a six-month investigation involving more than 900 hours of hearings and interviews with more than 1,100 people.

私は,黒川委員会(国会調査委員会)が,畑村委員会(政府調査委員会)の中間報告で指摘したfail safe 機能(非常用復水器)についての東電の無知について懐疑的なことに疑問を感じた1人です.
1,100人の証言に依存した委員会ですが,ほとんど証言の裏付けを取っておらず,関係者間の矛盾点以上には確信を持って疑いを持つ能力,機能があったとは思えないからです.
3つの原子炉の検証を求めていますが,水蒸気爆発を起こし,メルトダウンした原子炉を復元して検証するなど明らかに不可能なことでしょう.

根本原因が「日本文化」=無責任体制にあったとしてしまっては,日本の自然科学力,技術力への世界的な信頼は雲散霧消して,われわれは長く,技術立国継承の道を閉ざされ,これまでの「失われた20年」は,容易に「失われた50年」になってしまうでしょう.

今月,23日までには政府調査委員会,畑村委員会の最終報告が出るはずですから,場合によって,もう一度ブログを書きたいと考えています.

それにしても,これだけ批判されたカラ菅も枝野も海江田も細野も,議員辞職する様子が全く見られないのは,残念ながら,まったく「日本文化」=無責任体制を実証して余りアルというべきでしょう.

  

  

Japanese cultural traits 'at heart of Fukushima disaster'

Report preface states that conventions such as insularity and a reluctance to question authority were partly to blame for incident

A satellite image of Fukushima Dai-ichi nuclear power plant complex taken onWenesday 16th March 2011
A satellite image of Fukushima Daiichi nuclear power plant, which suffered a meltdown after the Japanese tsunami. Photograph: AP

Misplaced deference and other "ingrained conventions" of Japanese culture were at the heart of last year's meltdown at Fukushima Daiichi nuclear power plant, according to the chairman of an independent panel whose scathing report, released on Thursday, described the accident as a "profoundly man-made disaster".

In his combative preface to the report, Kiyoshi Kurokawa, a medical doctor and professor emeritus at Tokyo University, said the crisis was the result of "a multitude of errors and willful negligence", by the government, safety officials and the plant's operator, Tokyo Electric Power [Tepco].

But behind the safety missteps and lack of readiness for a tsunami in a region known for powerful earthquakes, are cultural traits that ensured the disaster was "made in Japan", Kurokawa said.

"Its fundamental causes," he wrote, "are to be found in the ingrained conventions of Japanese culture: our reflexive obedience; our reluctance to question authority; our devotion to 'sticking with the programme'; our groupism; and our insularity.

"What must be admitted – very painfully – is that this was a disaster 'Made in Japan'.

"Had other Japanese been in the shoes of those who bear responsibility for this accident, the result may well have been the same."

None of the agencies involved emerged with any credit. "The Fukushima nuclear power plant accident was the result of collusion between the government, the regulators and Tepco, and the lack of governance by said parties," said the report, compiled by the Fukushima nuclear accident independent investigation commission.

"They effectively betrayed the nation's right to be safe from nuclear accidents. Therefore, we conclude that the accident was clearly 'man-made'."

The panel's report, one of three major investigations into the accident, challenged claims by Tepco that the triple meltdown at the plant in north-east Japan had been caused solely by a 14-metre tsunami on 11 March last year.

The panel said the magnitude-9 earthquake that preceded the waves could not be ruled out as a cause of the accident.

It accused Tepco and regulators at the nuclear and industrial safety agency of failing to take adequate safety measures, despite evidence that the area was susceptible to powerful earthquakes and tsunamis.

"We believe that the root causes were the organisational and regulatory systems that supported faulty rationales for decisions and actions, rather than issues relating to the competency of any specific individual," it said.

"Across the board, the commission found ignorance and arrogance unforgivable for anyone or any organisation that deals with nuclear power. We found a disregard for global trends and a disregard for public safety."

The 641-page report was published on the same day a nuclear reactor in western Japan became the first to produce electricity since the accident. All of the country's 50 functioning reactors had been switched off after the crisis to undergo safety checks.

Japan, which once depended on nuclear power for about a third of its energy supply, was briefly without atomic power for the first time in more than 40 years after the last reactor went offline in early May.

The No 3 reactor at Oi nuclear power plant in Fukui prefecture is the first to be restarted after passing stress tests that the government introduced last year to ease public concerns over safety.

The government approved the restart of reactors 3 and 4 at Oi amid warnings that without them a large area of western Japan, including the industrial city of Osaka, could face power shortages this summer.

The No 3 reactor should reach full capacity by 10 July, the plant's operator, Kansai Electric Power (Kepco), said, while the second unit will begin producing electricity towards the end of the month. The last of the plant's 11 reactors were switched off in February.

Thousands of demonstrators have gathered outside the prime minister's office every Friday evening to protest against the restart, while polls show a majority of Japanese want the government to phase out nuclear power.

"We have made a step toward the safe and stable supply of electricity by being able to deliver nuclear-generated electricity for the first time in four and a half months," Kepco's president, Makoto Yagi, said in a statement.

While not unexpected, the critical tone of Thursday's report contrasts with a similar investigation by Tepco in which the utility insisted it had acted appropriately in the wake of a natural disaster it claimed it could never have predicted.

Tepco has always maintained that the damage to four of Fukushima Daiichi's reactors was caused by the tsunami, which knocked out cooling apparatus and prompted a core meltdown in three of the units.

More than 15 months later, the plant has been brought to a safe state known as "cold shutdown," although concerns have been voiced about the state of a pool containing spent fuel rods in reactor No 4.

Thursday's report called for an investigation into the role the earthquake played in the accident. "As for direct cause of the accident, the commission reached the conclusion that we cannot definitely say any devices that were important for safety were not damaged by the earthquake," it said.

"We cannot rule out the possibility that a small-scale LOCA (loss-of-coolant accident) occurred at the reactor No 1 in particular."

The panel was also critical of Naoto Kan, the prime minister at the time of the accident, whose "direct intervention" in the early days of the crisis had caused confusion in the chain of command and wasted valuable time.

Kan said he decided to intervene in the emergency response because Tepco and safety officials appeared incapable of doing so.

The parliamentary panel said there was no evidence, however, to support Kan's claim that Tepco was preparing to withdraw all of its workers from the plant in the immediate aftermath of the accident.

But it accused Tepco of ignoring warnings going as far back as 2006 that a tsunami could cause a blackout at the plant.

The firm, regulators and the government had "failed to correctly develop the most basic safety requirements, such as assessing the probability of damage, preparing for containing collateral damage from such a disaster, and developing evacuation plans for the public in the case of a serious radiation release", it said.

"Since 2006, the regulators and Tepco were aware of the risk that a total outage of electricity at the Fukushima Daiichi plant might occur if a tsunami were to reach the level of the site."

The 10-member commission is one of several panels investigating the Fukushima Daiichi accident. The report follows a six-month investigation involving more than 900 hours of hearings and interviews with more than 1,100 people.


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

【速報】US Supreme Court Upholds Obamacare [Social Policy]

アメリカ東海岸で午前10時過ぎですが,Obamacare の中核であった民間医療保険を買わない人にはpenalty を払わせるというのは,問題にされたCommerce Clause ではなく Tax と認められるので,Obamacare は合憲という判断でした.

判決は5--4で,Swing voter はKennedy ではなく,Chief Justice John Roberts その人でした.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

【予告】Obamacare へのSupreme Court 判決は今日です. [Social Policy]

Obamacare への連邦最高裁判所の判決は,最高裁が来週から夏休みに入るので,今週中のはずで,それも木曜日になるといわれています.

厳しい箝口令が敷かれたようで,アメリカでも全く予測が付かないでいます.

民間保険会社依存のObamacareの結果如何で,アメリカの医療産業,医療保険会社,製薬会社等多くの企業の株価が大きく変動すると予測されているということがあるからです,

ただし,時差がありますから,結果が分かるのは午後になるでしょう.

White House のObama 大統領は,既に,全敗,部分敗,勝利の3つの演説原稿を用意しているといわれています.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

NIRA の研究報告書:「日本再生のための処方箋」 [Social Policy]

NIRA=総合研究開発機構ー理事長;伊藤元重東大大学院教授 が,「日本の失われた20年」から日本を再生させる処方箋についての研究報告を公表しました.

まだ全文は英語で,サマリーだけが日本語で公表された状態ですが.たいへん重要な指摘をしているのでご紹介します.

東日本大震災後、復旧・復興に議論が集中し、成長に向けた政策論議は後回しにされた。しかし、長期的な成長戦略が欠如すれば、経済は再び停滞してしまう。停滞から脱出するためには生産性上昇が不可欠であるという事実は、震災によって変わるものではない。む

しろ震災を日本経済再出発の好機と捉えて、抜本的な成長戦略を打ち出すのが望ましい。

...財政再建の議論が盛んである。もちろん財政再建は成長戦略の一部であるべきだが、それだけでは十分ではない。日本経済の再生に向けた総合的な政策が必要である。


本稿は、成長を回復するための総合的な政策を提示するものである。政策は大きく分けて3つの分野にわたる。

1.規制改革1-1. 事業活動コストの削減日本における事業規制には多くの改善余地がある。日本における事業活動コストは、他の先進国に比べて高いことが知られている。特に事業開始手続き、税率・税制、土地移転・土地利用政策に問題があることが指摘されている。全ての事業開始申請が1か所で完了できる仕組みの創設、納税者番号制度の導入、土地移転に係る許可プロセスの短縮化、農地 登録制度の改善、住所表示の簡素化などが望まれる。

1-2. ゾンビ企業保護の撤廃日本経済停滞の要因の一つはゾンビ企業の存在である。退出すべき企業を温存したことによって、健全な企業の成長を妨げた。ゾンビ企業の保護をやめることが成長の復活に不可欠である。しかし、世界金融危機後の政策は全く逆の方向に向かっている。金融円滑化法に代表されるように、政府は中小企業向けの事実上の救済融資を銀行に迫り、その代わりに銀行はそれらの問題債権を不良債権として認識する必要がなくなった。実質的にゾンビ企業を支援する結果となるこのような政策を直ちに廃止すべきである。
(注:ゾンビ企業:生産性が低く,当然なら市場から退場すべき企業だが,保護政策や政策的救済融資で存続している企業)


1-3. 非製造業部門の規制緩和
規制緩和は橋本内閣時代はある程度進んだが、その後動きが停滞している。政府による規制改革委員会の制度は名前を変えながら続いてはいるがその成果は激減している。規制緩和の停滞は特に非製造業において著しい。非製造業の全要素生産性が1990年代初から上昇していないのは、規制緩和の欠如と関係していると思われる。規制緩和を特に非製造業

部門で加速させることが必要である。


1-4. 成長特区小泉内閣時代の構造改革特区の試みの多くは、他の地域から需要をシフトしただけで、持続的な成長には結びつかなかった。しかし、神戸の先進医療クラスター特区や北九州の国際交流特区のように、重要な規制緩和措置を中心にしてある程度の成功を収めた特区もある。規制緩和に焦点を当てた特区を導入することによって日本の再生を図ることが可能である。現在、震災からの復興を目指した特区が被災地で作られているが、その多くは旧態

依然とした産業政策や被災企業の単なる救済策であり、成長を促すようなものではない。


資料として掲載された図3 全要素生産性の各国比較(1992年=1.0) a.製造業 b.非製造業
を転載できませんでしたが,日本の生産性は20年を通じて,いうまでもなく最低の上昇にとどまっており,それが日本の2流国への転落を象徴しているのです.

ここに論じられた[規制への安住]は社会福祉にも際立っています.社会福祉法人制度,社会福祉士・介護福祉士制度などはその最たるモノです.ゾンビ企業に数えられるモノも少なくありません
この報告を他人事と受け取らず,社会福祉事業内でも精査されるべきだと考えるモノです.

なお,NIRAは,2010年に,
「市場か、福祉か」を問い直すー日本経済の展望は「リスクの社会化」で開く-
という優れた報告を出していますので,ご関心の方は,そちらもご参照下さい.



 

 

NIRA研究報告書
日本再生のための処方箋(Policy Options for Japan’s Revival)
星 岳雄 カリフォルニア大学サンディエゴ校国際関係・環太平洋研究大学院教授

アニル・K・カシャップ シカゴ大学ブース・ビジネススクール教授

 
【エグゼクティブサマリー】

東日本大震災後、復旧・復興に議論が集中し、成長に向けた政策論議は後回しにされた。
しかし、長期的な成長戦略が欠如すれば、経済は再び停滞してしまう。停滞から脱出するためには生産性上昇が不可欠であるという事実は、震災によって変わるものではない。むしろ震災を日本経済再出発の好機と捉えて、抜本的な成長戦略を打ち出すのが望ましい。最近はようやく復興をめぐる議論が一段落し、財政再建の議論が盛んである。もちろん財政再建は成長戦略の一部であるべきだが、それだけでは十分ではない。日本経済の再生に向けた総合的な政策が必要である。
本稿は、NIRA研究報告書「何が日本の経済成長を止めたのか」(2011年7月)の続編として、成長を回復するための総合的な政策を提示するものである。政策は大きく分けて3つの分野にわたる。

1.規制改革

1-1.
事業活動コストの削減
日本における事業規制には多くの改善余地がある。日本における事業活動コストは、他の先進国に比べて高いことが知られている。特に事業開始手続き、税率・税制、土地移転・土地利用政策に問題があることが指摘されている。全ての事業開始申請が1か所で完了できる仕組みの創設、納税者番号制度の導入、土地移転に係る許可プロセスの短縮化、農地登録制度の改善、住所表示の簡素化などが望まれる。

1-2.
ゾンビ企業保護の撤廃
日本経済停滞の要因の一つはゾンビ企業の存在である。退出すべき企業を温存したことによって、健全な企業の成長を妨げた。ゾンビ企業の保護をやめることが成長の復活に不可欠である。しかし、世界金融危機後の政策は全く逆の方向に向かっている。金融円滑化法に代表されるように、政府は中小企業向けの事実上の救済融資を銀行に迫り、その代わりに銀行はそれらの問題債権を不良債権として認識する必要がなくなった。実質的にゾンビ企業を支援する結果となるこのような政策を直ちに廃止すべきである。

1-3.
非製造業部門の規制緩和
規制緩和は橋本内閣時代はある程度進んだが、その後動きが停滞している。政府による規制改革委員会の制度は名前を変えながら続いてはいるがその成果は激減している。規制緩和の停滞は特に非製造業において著しい。非製造業の全要素生産性が1990年代初から上昇していないのは、規制緩和の欠如と関係していると思われる。規制緩和を特に非製造業部門で加速させることが必要である。

1-4.
成長特区
小泉内閣時代の構造改革特区の試みの多くは、他の地域から需要をシフトしただけで、持続的な成長には結びつかなかった。観光特区や農業特区の多くが良い例である。これらの特区は採用する地域が限られていた頃はその地域の振興に役立ったが、同様の試みが全国に広まると次第に廃れていった。しかし、神戸の先進医療クラスター特区や北九州の国際交流特区のように、重要な規制緩和措置を中心にしてある程度の成功を収めた特区もある。規制緩和に焦点を当てた特区を導入することによって日本の再生を図ることが可能である。現在、震災からの復興を目指した特区が被災地で作られているが、その多くは旧態依然とした産業政策や被災企業の単なる救済策であり、成長を促すようなものではない。

図3 全要素生産性の各国比較(1992年=1.0
a.製造業 b.非製造業(出所)EUKLEMS

(注)本文の図(Figure3a3b)を基に作成。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

【短信】アメリカObamacare の命運を巡る議論 [Social Policy]

アメリカで医療保険制度に加入していない多くのアメリカ人を医療保険制度に加入させようとする医療保険制度改革 Obamacare=The Patient Protection and Affordable Care Act については,アメリカ連邦最高裁判所の違憲・合憲判断が2週間以内には下されるはずですが,本来なら,Obama の再選に決定的に不利な高い失業率8.2%が,このObamacare を救う可能性が指摘されています.

それは,これだけ失業率が高いと,現行制度では,失業した人は企業を通じて加入していた医療保険を失うことになるのですが,もし,Obamacare が合憲だとすると,失業しても医療保険を失わなくても済むことになり,多くの失業者にとっては大きな救済制度になるという議論が高まっていることです.

もし連邦最高裁がこうした世論に耳を傾けるとすれば,Obamacare に合憲判断をするのではないかという見方が出てきているのです.

一般論では個人の自由を保障したアメリカ憲法からすれば違憲という見方が強いのですが, 連邦最高裁が,もし,Obamacare に社会的要請ありと判断すれば,20世紀30年代の大恐慌時代に,Social Security Act を合憲としたのに匹敵する画期的な社会的合理性からの判断をする可能性が高まっているのではないかという希望的観測が,出てきているようです.
そうすれば,現在の連邦最高裁は,アメリカ憲法史上に名を残すことにもなるではないかというのです.

いずれにしても,その判断は2週間以内には下されるはずです.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

イギリスの国営医療への満足度低下 [Social Policy]

ギリシャ,スペインの財政危機に端を発したEU圏各国の財政緊縮政策の影響は,EU各国の国民生活にかなり深刻な影響を及ぼしているようですが,イギリスでも労働党政権に取って替わった連合政権(保守党+自由党)の緊縮政策が,イギリスご自慢の国営医療制度への満足度が大きく低下したという調査結果に表れているようです.

調査主体は,イギリスで有名な King's Fund というシンクタンクですが,そこが1983年以来行っている世論調査で,

Public satisfaction with the NHS has dropped by a record amount, the British Social Attitudes Survey suggests.
The poll indicates satisfaction fell from 70% to 58% last year - the largest annual drop since it started in 1983.

と調査開始以来最大の落ち込みを記録したというのです.

ただし,これは一般のイギリス人を対象にした調査結果ですから,健康でNHSとあまり関わりのない人を含まれている結果だとすると,現にNHS と関わっている人の満足度低下は,いっそう大きなモノがあるのではという見方もできます.

フランスの大統領選挙で,前任者が敗れ去ったことからも,EU諸国の緊縮政策の厳しさが窺い知れるように,日本でいわれる「社会保障と税の一体改革」も,決して社会保障制度が良い方向に改革されると安易に過大な期待をすることは困難だというべきです.

 

 

GP writing a prescription The British Social Attitudes Survey has been running since 1983
 

Related Stories

Public satisfaction with the NHS has dropped by a record amount, the British Social Attitudes Survey suggests.

The poll indicates satisfaction fell from 70% to 58% last year - the largest annual drop since it started in 1983.

The King's Fund think-tank sponsored the NHS questions put to more than 1,000 people and said their answers appeared to be a comment on reforms and spending squeezes and not care quality.

The government said the survey contradicted its poll among patients.

The survey formed part of the wider British Social Attitudes Survey, which covers a whole host of policy areas.

Analysis

When asked what they think of their care, most patients are grateful for their treatment and give the NHS a thumbs up.

This is illustrated by the results of the latest annual patients survey, which reveals nine in 10 would rate their care as good, very good or excellent.

Understandably, ministers have highlighted that research to suggest that all is rosy in the health service.

But that does not mean that the findings of the British Social Attitudes Survey are not important.

They are in effect an emotional stock-take of what the public thinks the present and future holds for the health service.

The NHS - like the rest of the public sector - is facing a tough challenge.

Rising demands and a squeeze on finances means the pressure is on - and this drop in satisfaction suggests the public are worried.

The 1,096 respondents to the health questions were asked "how satisfied or dissatisfied" were they with the way in which the National Health Service was run.

The King's Fund released the findings on the NHS as it has taken on responsibility for funding that element of the research after the government pulled out last year.

'Shock'

Professor John Appleby, chief economist at the King's Fund, said the poll was important because it had tracked satisfaction over such a long period of time.

"It is not surprising this has happened when the NHS is facing a well-publicised spending squeeze.

"Nevertheless, it is something of a shock that it has fallen so significantly.

"This will be a concern to the government given it appears to be closely linked with the debate on its NHS reforms."

The King's Fund said it had reached that conclusion because performance measures, such as waiting times and hospital infection rates remained low.

When the figures are broken down in more detail they show similar patterns.

Satisfaction fell among supporters of all three main political parties - although unsurprisingly if dropped most among Labour voters.

'People are worried'

The falls were similar when England was compared to Scotland and Wales combined.

While the NHS reforms only apply to England, the King's Fund suggested there could be some "leakage" into the public consciousness elsewhere.

Shadow health secretary Andy Burnham said the survey results "clearly reflect David Cameron's disastrous decision to reorganise the NHS at a time of finanical distress. Patients are beginning to see the signs of a service in distress."

He said A&E waiting times over winter, reports of patients on trolleys in corridors, redundancies, and "reports of services being restricted" were "leading people to feel worried about the future of the NHS."

And Mike Farrar, chief executive of the NHS Confederation, added: "These results give us an sharp indication that the public have become worried and confused about what is going on with the NHS."

But health minister Simon Burns said the findings contradicted the government's own research which showed satisfaction rates remained high.

In particular, he highlighted the annual patient survey which showed that 92% of patients said their experience was good, very good or excellent.

"The British Social Attitudes Survey targets the general public rather than targeting people that have actually used the NHS, so responses are influenced by other factors.

"By its nature it is not as accurate a picture as the data from patients."


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

生活保護行政は国の直営制度に転換を! [Social Policy]

ある有名芸人の母親が生活保護を受けていたことが大きな話題になり.厚生労働省が生活保護法を締め付けの方向に改訂するという報道がありました.
3年前から国民年金の国庫負担率を1/2に引き上げて,社会保険と生活保護の区別を曖昧化して置いて,今更,ミーンズ・テストを伴う生活保護を引き下げるというのは,一体全体,どういう社会保障観に立っているのでしょう?

私はこんなに軽々しく法執行のあり方に問題があったと自認する厚生労働大臣に,大きな驚きを禁じ得ません.どうして「実態をよく調査して検討します」といった常套手段を使わなかったのでしょうか.

日本の生活保護行政は,戦前の内務省的感覚を引きずって,長い間,地方自治体への機関委任事務にされてきたのですが,近年,地方分権化が重視されて,中央集権的な機関委任事務制度が廃止され,法定受託事務という,分かったようで分からない制度に切り替わり,半面で国庫負担率は低下した筈です.

機関委任事務時代に積み重なった膨大な次官通逹,局長,課長通知(最も悪名をはせたのは一介の課長通知123号)は,機関委任事務ではなくなった時点で,本来なら全部整理されるべきだったのでしょうが,なんとなく生き延びているようで,今回の「扶養義務」問題で「原則に反する」といった議論の根拠も,まさにその名残の幽霊の1例だと思います.

しかし,これだけ社会意識,規範意識が個人主義の方向に変化してきたなかで,本来,私法関係でアル扶養義務問題を,はたして,扶養能力中心だけで云々すべきモノなのでしょうか.

アメリカのObama 大統領の最大の成果といわれるHealth Insurance いわゆるObamacare は,今月下旬に予定される連邦最高裁判所の違憲訴訟判決に成否がかかっていますが,これまでの成果のひとつに,成人年齢が18歳のアメリカで,若年層の無保険者が多いことへの対策として,25歳までの青年男女は親の健康保険に組み込むことが可能とする内容を盛り込んで,この年代の健康保険加入者率を大幅に増大させたということがあります.(繰り返しますが,総ては連邦最高裁のObamacare 違憲合憲判断にかかっています.)
しかし,そこでは子供名義の保険に親を加えるという発想は初めから見られないのです.

なお,当該事例では遡って受給額を返還するということですが,行政法上は不利益変更を遡及して行うことは出来ないのが原則ですから,せいぜい事態が明るみに出た月に保護を廃止するということで良いのではないでしょうか.

そもそも,生活保護の現下の最大の問題点は,むしろ「受給資格がありながら受けようとしない人(現実に受給している人の数倍!の漏救問題)」および「福祉事務所がなんのかんの(例えば「親兄弟や子供に連絡をしますよ!」)といって,本来受給資格のある人を尻込みさせ,別の表現をすれば,申請を門前払いする例が少なくないといった問題にあるからです.

私は,かねてから,生活保護は,国からの法定受託事務から,国の地方機関を活用した国直営事務に転換すべきだと主張して来ました.
法定受託事務は次の場合に認められるモノです.
●全国単一の制度又は全国一律の基準により行う給付金の支給等に関する事務で以下に掲げるもの
生存にかかわるナショナル・ミニマムを確保するため、全国一律に公平・平等に行う給付金の支給等に関する事務

それは全国一律に公平・平等に行うべきモノですから.そのベストな選択は,本来,国が直営すべき事務というべきです.
現にイギリスでは今はTax Dredit 制度ですが,戦後一貫して国の行政ですし,アメリカでは連邦ではなく州の行政です.

そこで,わが国でも,具体的には,高齢者,障害者や医療給付は社会保険事務所で,勤労世代はハローワークで国が直接処理すべきです.
国の直営化に当たって,是非,採用すべきは,イギリスやアメリカで見られるようなDeclaration system の導入です.

イギリスを例に挙げれば,申請は,郵便局に置いてある簡易な申請用紙に記入して郵送すればそれで申請手続き完了です.まずは,declaration に従って給付を始めてから,Means test に入るという手順です.Tax Credit (Universal creditに変更予定)ですから,所得情報は得られやすいということがあります.

日本でもそれに習って国直営化してから集められる窓口からのさまざまな事例や多様な意見を集約した上で,初めて厚生労働省は,机上の空論ではなく,生活保護法やその給付水準そして運用面の改正を論ずる知見を持てるだろうと考えるモノです.
それは隠れ蓑として悪用されてきた学識経験者の審議会より,よほど実効あるフィードバックとして有効でしょう.

地方自治体で,当然に,大きな差があるなかで,何か特殊なトピックに飛びついて締め付けを考えるなど論外ですから,性急な制度改革議論の前に,先ず,厚生労働省が生活保護を直営化し,全国的規模で生活保護法の問題点,蓄積された通達,通知の問題点を洗い直し,総ざらいしてから,初めて法改正,運用改正の必要性を幅広く汲み上げ,本格的制度改正を検討すべきだと考えるモノです.

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

原発再開を巡る議論について [Social Policy]

私は,3.11の副島原発事故は,安全神話に安住するあまり,政府カラ菅と東京電力の双方に原子力発電所の事故対応についての基礎的な知識が欠落し,現地サイドでも原子力発電装置に付随する無電源でも作動するフェイル・セイフ機能についての知識が欠落していたことから生じた『人災』であった,とこのブログで書いてきました.

しかし,世間の風潮では,大飯原発の再開を巡る議論を見ても,原子力発電そのものが極めて危険なモノだという認識に向かっているようです.
どうして人々は近く公表される3つの事故調査委員会の最終報告を待とうとしないのでしょうか.

私は,あれだけの1000年に1回といわれる大震災,大津波でも,当事者の原子力発電装置の機能構造についての無知,無防備がなければ,最悪のメルトダウンは防げたはずだと考えるのです.

第1には,福島原子力発電所は,東京電力が関東へ電力を送ることだけを考えて,地元の電力会社と無縁に作られていたことに重大な問題がありました.
たとえ現地の全電源が失われても,もし予め地元電力会社と密接な関係が作られていれば,速やかに電源車を空輸してでも最低限の電源を確保できたはずです.
しかし,実際には,はるか離れた東北電力の高圧電線から電源を導入するのに,1週間以上を浪費したのです.

第2に,福島原子力発電所も東京電力本社も,原子力発電装置のフェイルセーフ機能非常用復水器(IC)2 系統(A 系、B 系,いずれも無電源でも作動する)の機能や活用方法について,ほとんど無知ないし未習熟であったことです.
この非常用復水器を正常に作動させていて,その間に速やかに消防車を使った注水を始めていれば,メルトダウンは回避できた可能性が極めて高いと思われるのです.

この点について,東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会 中間報告・全文から,まとめの部分で言及している内容を,原文のまま以下に引用して置きます.

要するに,1000年に1度の大地震,大津波にもかかわらず,原子力発電装置は Fail safe フェールセーフ機能を備えており,東京電力や「俺は原子力に強いんだ」とうそぶいたカラ菅(東京工大出身)や取り巻きが,もしきちんと事態に対処していれば,メルトダウンは起こらなかった可能性が高く,今回の原子力災害はまさに天災ではなく人災だったというべきだと考えるモノです.

原子力の安全神話を裏切ったのは,天災でも原子力でもなく,まさに関係者の無知と無習熟だったのです.

「ECCS、Emergency Core Cooling System、(緊急炉心冷却装置)は、水を冷却材として用いる原子炉の炉心で冷却水の喪失が起こった場合に動作する工学的安全施設である。炉心に冷却水を注入することで核燃料を長期に渡って冷却し燃料棒の損壊を防止する。ECCSの作動は原子炉の停止を意味する。

冷却材に水を使う動力炉では、炉心を冷やす冷却系統の配管が破断するなどして冷却水が喪失すると、炉心の熱密度が高いため、スクラムと呼ばれる制御棒の一斉挿入による原子炉の緊急停止を行なっても、炉心の余熱と放射性物質の崩壊熱による高熱で炉心が破損・溶解する危険性がある。ECCSは原子炉圧力容器に水を注入することで、炉心を冷却し破損を防止する。

機能として,ECCSは、炉心の冷却と原子炉圧力容器内の減圧という2つの機能を備えている。」

ストレス・テストなどと面倒なことをいう前に,原子力発電所のフェールセーフ機能についての学習と習熟度を速やかに高度化することから再出発するのでなければ,国内でここまで喪われた日本の科学技術力への信頼度は,世界的にも回復不可能になるのではないでしょうか.
アメリカは今後も電子力発電所を増設する方向ですが,それはアメリカが日本で起こったような科学的無知からのレベル7の大惨事は,アメリカなら十分に防止できると考えているからだというべきでしょう.

現に,これまでの原子力発電所の大災害,アメリカのスリーマイル島もロシアのチェルノブイリも,いずれも操作みすという人災によって起こった事故であったのです.

今回の日本の事故とその事後処理状況は,わが国の2流国化,3流国化への道をさらに加速化することになるのではないかと大いに危惧するモノです.

カラ菅についての最近の民間事故調の報告に対するアル識者は,
よくもまあ、日本国民もこんなばかな首相をいただいたものだ。私の知る限り、歴史上最低の首相じゃないですか

これは原子炉復水器の専門家として、昨年3月11日の事故発生直後から首相官邸に助言・提案を行っていた上原春男・元佐賀大学長の参考人聴取を見ての感想だそうです.

 

 

4 福島第一原発における事故後の対応に関する問題点
(中間報告)

3 11 日の地震及び大津波の来襲を契機に、福島第一原発では、1 号機、2 号機及び3 号機の各原子炉並びに1 号機から6 号機までの使用済燃料プールが冷却不能に至るという深刻な事態に陥った。
これに対する東京電力
の対応の問題点ついて、当委員会は、現在、集中的に調査・検証を続けており、その全体は最終報告で取り扱う予定である。
ここでは、
1 号機及び3
号機に関わるものについて、現時点で判明した問題点を指摘する。

(1)1 号機のIC (非常用復水器(IC)2 系統(A 系、B 系))の作動状態の誤認に関する問題点
a IC の機能等についての認識不足及び運転操作の習熟不足
福島第一原発1 号機に備わっているIC が、実際には機能不全に陥っているにもかかわらず、正常に作動していたと認識されていたことは、既にⅣ章において指摘したとおりである。この点に関して、当委員会は、仮に、東京電力の本店を含めた技術関係社員がIC の基本機能に関する知識を十分に持ち合わせていれば、全電源喪失直後には、いわゆるフェイルセーフ機能によってIC 隔離弁が閉状態になる可能性が高いことに気付くのが自然であったと考える。また、3 11 16 42 分頃から同日16 56 分頃までの間に原子炉水位が低下傾向を示したことや、同日17 50 分頃には1 号機の原子炉建屋付近が高線量であったためにIC の起動確認ができなかったことなど、IC が正常に作動していないことを示す徴候が現れていた。これらを考慮すれば、IC の全ての隔離弁が全閉あるいはそれに近い状態となっておりIC が機能していないこと、ないしは、その可能性が極めて高いことに気付く必要があった。しかし、福島第一原発の当直、発電所対策本部及び本店対策本部の誰もがそのような認識に立った適切な現場対処(その指示を含む。)を行わなかった。もっとも、当直は、同日18 18 分頃、制御盤上の状態表示灯の一部復活及びこれに伴う2A 弁及び3A 弁開操作を契機に、IC が作動していないのでないかとの疑いを持ち、発電所対策本部に報告・相談を行っている。しかし、当直からの趣旨説明の不十分さと相まって、発電所対策本部は現状認識を変えることはなかった。発電所対策本部は、この報告・相談を、むしろ全電源喪失前(津波到達前)のIC 弁操作がそのまま継続しており、その一環としての弁操作である、と捉えてしまうという誤判断を行ったと考えられる。

福島第一原発で事態の対応に当たっていた関係者の供述によると、訓練、検査も含めてIC の作動を長年にわたって経験した者は発電所内にはおらず、わずかにかつて作動したときの経験談が運転員間で口伝されるのみであったという。さらに、IC の機能、運転操作に関する教育訓練も一応は実施されていたとのことであるが、今回の一連の対処を見る限り、これらが効果的であったとは思われない。以上のとおり、当直のみならず、発電所対策本部ひいては本店対策本部に至るまで、IC の機能等が十分に理解されていたとは思われず、また社員がその運転操作について習熟していたともいえない。非常時において、炉心損傷を防ぐ手段として冷却を行うことは、何よりも優先事項のはずである。そうした重要な役割を果たすことが期待されるIC の機能や取扱方法に関する社内の現状がこのような状況にあったことは、原子力発電所を運営する原子力事業者として極めて不適切であったというしかない。

1 号機対処への影響
IC が機能不全に陥ったことから、1 号機の冷却には一刻も早い代替注水が必須となり、加えて注水を可能とするための減圧操作等が必要となった。実際に、1 号機において取られた措置は、主として消防車による代替注水及び格納容器ベントであるが、既に述べたとおり、それぞれ3 11 17 時頃及び12 日零時頃に準備指示が出されたにもかかわらず、開始されたのはそれぞれ同日4 時頃及び14 時頃であった。つまり、実施までに大幅に時間を要し、炉心冷却に遅延を生じさせてしまったのである。IC の作動状況の誤判断がそうした遅れを生んだ大きな要因となったと考えられる。

全電源喪失という非常事態においては、何を差し置いても炉心冷却のための措置を取るべきことは明白であるにもかかわらず、発電所対策本部及び本店対策本部は長時間にわたりIC の作動状況を誤認し、そのため代替注水を急がせなかったのみならず、格納容器ベントの指示発出も遅くなった。
換言すれば、
IC の作動状況の誤認が1 号機への対
処の遅延の連鎖を招いたともいえよう。

c 発電所対策本部及び本店対策本部の問題点
緊急事態時の対応策について、東京電力の「福島第一原子力発電所のアクシデントマネジメント整備報告書」(平成14 5 月)には、「より複雑な事象に対しては、事故状況の把握やどのアクシデントマネジメント策を選択するか判断するに当たっての技術評価の重要度が高く、また、様々な情報が必要となる。このため、支援組織においてこれら技術評価等を実施し、意思決定を支援することとしている。」と記載されている。つまり、支援組織である発電所対策本部の情報班、技術班、保安班、復旧班、発電班等の機能班は、必要な情報を十分把握して技術評価を実施し、当直長に対して助言や指示を行うことが期待されていた。換言すれば、支援組織は、炉心冷却機能を果たすことが期待されるIC 作動状態に関する情報が、当直から入ればこれに基づきIC の作動状態を適切に評価し、反対に情報が入らなければ、当直に連絡を取って積極的に情報を収集することが求められていたが、そうした役割は果たさなかった。また、本店対策本部においても発電所対策本部に対応する機能班が置かれていたことから、それぞれの担当班が、テレビ会議システムを通じて重要情報を収集し、事故対処に追われる発電所対策本部から一歩引いた立場で冷静に情報を評価し、その上で発電所対策本部を支援することが期待されていた。しかし、本店対策本部において各機能班の役割が発揮され、本店対策本部から発電所対策本部に対して適切な指示が行われたような形跡は認められない。前記aで述べたIC の機能等についての全社的な認識不足が主たる原因であろうが、本店対策本部及び発電所対策本部の両者とも原子炉冷却の遅れという重大な問題に対して、効果的な助言・指示を行うことができなかった。

(2)3 号機代替注水に関する不手際
a 代替注水の手順の誤りと発電所における情報共有体制の不備
3 12 15 36 分頃に1 号機の原子炉建屋が爆発して以降、それ以前に増して各号機の炉心冷却の継続が最優先課題となった。ある一つの方法による注水に問題が生じた場合には、間髪を入れずに、他の方法による注水に切り替えることが必要不可欠であった。現場では、原子炉圧力が低い状態下で運転範囲を下回る回転数で長時間高圧注水系(HPCI)を運転していたため、当直がHPCI による十分な注水がなされていないことを懸念し、3 13 2 42 分頃にHPCI を手動停止した。
この時、当直は、十分な代替注水手段が確保
されていないにもかかわらず、バッテリー枯渇リスクを過小評価しており、結果として代替注水のための減圧操作に失敗した。さらに、これらの措置について、発電所対策本部発電班から幹部社員への事後報告が遅れた。
これらの事情により、結果的に
13 9 25 分頃まで代
替注水が実施されなかったことは、極めて遺憾であったと言わざるを得ない。
加えて、このような判断を3 号機当直及び発電所対策本部発電班の一部のスタッフのみで行い、幹部社員の指示を仰がなかったことは、危機管理の在り方という点でも問題であった。
仮に、
HPCI を手動停
止したとの情報が発電所対策本部のレベルで共有されていたとしたら、十分な代替注水手段が講じられないままHPCI を手動停止するといった当直等の誤った措置も、早期に是正し得た可能性があったと考えられるからである。

そのような判断を現場の一部の社員のみで行ったことについて、福島第一原発関係者によると、当直は、責任感が強い反面、できる限り自分たちだけで問題解決を図ろうとして報告が遅れがちな傾向にあるとのことであるが、そうであるとすれば、そのような慣習は改められる必要がある。

b 早期代替注水に係る発電所対策本部の危機感の欠如
全交流電源喪失の下では、バッテリー系の電源はいずれ枯渇せざる476を得ない。いくら混乱の中にあったとはいえ、全交流電源喪失から1日以上経過した3 13 日未明には、3 号機のHPCI や原子炉隔離時冷却系RCIC)等の作動に必要なバッテリーの枯渇について、福島第一原発関係者は懸念してしかるべきであった。
そうした懸念があれば、
発電所対策本部としては、HPCI 等の作動に安住することなく、消防車を利用した早期の代替注水に取り掛かることも可能であったと思われる。また、12 日未明には、がれきの撤去も完了したことで5 号機、6 機付近に放置されていた消防車を使用することも可能であったし、減圧のための主蒸気逃がし安全弁(SR 弁)操作に必要なバッテリーの調達も可能であったと考えられる。
しかし、発電所対策本部は、その時点では、代替注水手段として電源復旧によるホウ酸水注入系からの注水という中長期的な対処手段以外に準備・検討しておらず、3 号機当直からHPCI 手動停止後のトラブルの連絡がなされるまで、消防車を用いた代替注水に動くことはなかった。

この点について、福島第一原発関係者は、当委員会に対して、「当時はそのような発想がなかった。」と述べているが、2 号機についてはRCIC 停止前の13 12 時頃、吉田所長が代替注水準備の指示を行っていることから、事態さえ正確に把握していれば、3 号機についてHPCI 停止前からそうした対応はできたはずである。

発電所対策本部に3 号機代替注水に係る必要性・緊急性の認識が欠如していたことが、こうした対応の遅れを生んだと言わざるを得ない。

(3)1 号機及び3 号機原子炉建屋における爆発との関係
1 号機及び3 号機原子炉建屋における爆発は、炉心が損傷したことにより大量に発生した水素が各原子炉建屋内に充満したことに起因するものと考えるのが自然である。ところで、より早い段階で1 号機及び3 号機の減圧、代替注水作業を実施していた場合に爆発等を防止し得たか否かについては、実際に、より早期に注水できるような態勢にあったのか、その時点で炉心の状態がどうであったかなど、不確定の要素を確定した上でないと判断できないため、現時点で評価することは困難である。
ただし、仮に、より早い段
階で減圧ができ、消防車による代替注水が順調に進んでいれば、実際の対応に比べ、炉心損傷の進行を緩和し、放出された放射性物質の量も少なくなった可能性があると考えられる。

 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

雇用形態多様化に伴う社会扶助の性格変化 [Social Policy]

OECD諸国(日本を含む)の最低所得保障施策,日本の場合の生活保護制度,が20世紀末から21世紀初頭にかけて,世界的な雇用形態の多様化を受けて,失業保険給付を受けられない被用者の増大から,アメリカでは従来のAFDC-UP=Aid to dependent children with unemployed manが →Temporary Assisitance for Needy Families=TANF へとその性格を変貌させて来ており,Means testを経て給付する単純形態から.いかに雇用市場に戻していくかという雇用促進策の推進を迫られている事態があることをを踏まえて,Income Support Measures がどのように性格を変えていくべきかを論じた調査報告が発表されていましたので,ご紹介します.

本文には多くの統計分析が含まれていますが,図表が大きすぎて,Blog に転載不能ですから,ここでは,最初のNON-TECHNICAL SUMMARYと最後のConcluding comments: current and future challenges だけを下記に掲載しますが,その内容は重複しますので,その要点を原文のままご紹介します.

1.the current rapid decline in economic activity can be expected to be a powerful driver of the demand for minimum safety-nets.
2.
In addition to the expected lengthening of average unemployment spells, and the resulting rising number of people running out of unemployment benefit entitlements, those with temporary jobs or other forms of non-standard employment are often not entitled to unemployment benefits in the first place.

3.For these individuals, employment durations are shorter, transitions into and out of work more frequent and coverage by social insurance benefits can be less universal as a result.
4.They are also typically more easily shed from the workforce. With increasing shares of non-standard workers in a number of OECD countries, this may cause social assistance benefit rolls to react more strongly to labour-market conditions (i.e., become more counter-cyclical) than was the case in the past.

5.some of these challenges point to the need for a debate on the relative roles of insurance and assistance benefits. For instance, should coverage of insurance benefits be extended to non-standard workers or should lower-tier assistance benefits be strengthened?

6.More urgently, there is a need to consider how an activation and reintegration focus can bemaintained when labour demand is weak and competition for existing job vacancies intense(OECD, 2009b, c). Where minimum-income programmes are lower-tier benefits, recipients tend to face significantly less promising employment prospects in a slack labour market than recipients of unemployment benefits with more recent work experience.

7.Increasing numbers of benefit recipients are likely to test the capacity of welfare agencies and public employment services to administer highquality activation programmes and job-search assistance to everybody. This will further add to the challenge of targeting activation and support measures in a way that minimises benefit spells for the most employable, while preventing less employable clients from becoming permanently benefit-dependent.

8.The most immediate priority, however, is to prevent support seekers from going without effective minimum safety-nets at a time when they are most needed. Preventing steep increases in the extent and severity of poverty is likely to present a particularly difficult shortterm challenge for those countries that are not currently operating broad minimum-income programmes. 

以上ですが,私の生活保護制度改革論は,これまでこのブログで一貫して主張して来たように,勤労世代に対する生活保護は,区市単位の福祉事務所ではなく,国のハローワークに移管すべきだということにあります.

この論文は,その主張の正当性を裏付けて余り有るモノと考えます. 

 

 

Minimum-Income Benefits in OECD Countries: Policy Design, Effectiveness and Challenges


IZA Discussion Paper No. 4627

December 2009

NON-TECHNICAL SUMMARY

The current economic downturn is putting pressures on governments to strengthen income

support measures. While buoyant labour markets in many OECD countries have helped to

restrain recipiency numbers since the mid-late nineties, the current rapid decline in economic

activity can be expected to be a powerful driver of the demand for minimum safety-nets.

In addition to the expected lengthening of average unemployment spells, and the resulting

rising number of people running out of unemployment benefit entitlements, those with

temporary jobs or other forms of non-standard employment are often not entitled to

unemployment benefits in the first place. For these individuals, employment durations are

shorter, transitions into and out of work more frequent and coverage by social insurance

benefits can be less universal as a result. They are also typically more easily shed from the

workforce. With increasing shares of non-standard workers in a number of OECD countries,

this may cause social assistance benefit rolls to react more strongly to labour-market

conditions (i.e., become more counter-cyclical) than was the case in the past.

In the medium
term, some of these challenges point to the need for a debate on the relative roles of insurance and assistance benefits. For instance, should coverage of insurance benefits be extended to non-standard workers or should lower-tier assistance benefits be strengthened?

More urgently, there is a need to consider how an activation and reintegration focus can be

maintained when labour demand is weak and competition for existing job vacancies intense

(OECD, 2009b, c). Where minimum-income programmes are lower-tier benefits, recipients

tend to face significantly less promising employment prospects in a slack labour market than

recipients of unemployment benefits with more recent work experience. Yet, the group of

minimum-income beneficiaries is very heterogeneous in most countries including, for

instance, those with recent but intermittent employment records and other recent job losers

who do not qualify for insurance benefits. Increasing numbers of benefit recipients are likely

to test the capacity of welfare agencies and public employment services to administer highquality activation programmes and job-search assistance to everybody. This will further add to the challenge of targeting activation and support measures in a way that minimises benefit spells for the most employable, while preventing less employable clients from becoming permanently benefit-dependent.

The most immediate priority, however, is to prevent support seekers from going without

effective minimum safety-nets at a time when they are most needed. Preventing steep

increases in the extent and severity of poverty is likely to present a particularly difficult shortterm challenge for those countries that are not currently operating broad minimum-income programmes. In addition, existing social assistance programmes are likely to see new clients added at much faster rates as unemployment durations lengthen. They will only be able to continue meeting their objectives of poverty alleviation and activation if they are equipped with the financial and operational capacity to deal with the inflow of new claimants and an increasing stock of recipients.

Concluding comments: current and future challenges

The current economic downturn is putting pressures on governments to strengthen income support measures (OECD, 2009b). While buoyant labour markets in many OECD countries have helped to restrain recipiency numbers since the mid-late nineties, the current rapid decline in economic activity can be expected to be a powerful driver of the demand for minimum safety-nets.


In addition to the expected lengthening of average unemployment spells, and the resulting rising
number of people running out of unemployment benefit entitlements, those with temporary jobs or other forms of non-standard employment are often not entitled to unemployment benefits in the first place. For these individuals, employment durations are shorter, transitions into and out of work more frequent and coverage by social insurance benefits can be less universal as a result. They are also typically more easily shed from the workforce. With increasing shares of non-standard workers in a number of OECD

countries28, this may cause social assistance benefit rolls to react more strongly to labour-market conditions (i.e., become more counter-cyclical) than was the case in the past.

In the medium term, some of these
challenges point to the need for a debate on the relative roles of insurance and assistance benefits. For instance, should coverage of insurance benefits be extended to non-standard workers or should lower-tier assistance benefits be strengthened?


More urgently, there is a need to consider how an activation and reintegration focus can be maintained
when labour demand is weak and competition for existing job vacancies intense (OECD, 2009b, c). Where minimum-income programmes are lower-tier benefits, recipients tend to face significantly less promising employment prospects in a slack labour market than recipients of unemployment benefits with more recent work experience. Yet, the group of minimum-income beneficiaries is very heterogeneous in most countries including, for instance, those with recent but intermittent employment records and other recent job losers who do not qualify for insurance benefits. Increasing numbers of benefit recipients are likely to test the capacity of welfare agencies and public employment services to administer high-quality activation programmes and job-search assistance to everybody. This will further add to the challenge of targeting activation and support measures in a way that minimises benefit spells for the most employable, while preventing less employable clients from becoming permanently benefit-dependent.


The most immediate priority, however, is to prevent support seekers from going without effective
minimum safety-nets at a time when they are most needed. Preventing steep increases in the extent and severity of poverty is likely to present a particularly difficult short-term challenge for those countries that are not currently operating broad minimum-income programmes. In addition, existing social assistance programmes are likely to see new clients added at much faster rates as unemployment durations lengthen.


They will only be able to continue meeting their objectives of poverty alleviation and activation if they are
equipped with the financial and operational capacity to deal with the inflow of new claimants and an increasing stock of recipients.


Although trends are far from uniform across OECD countries, the share of temporary employment in
EU-15 countries has increased by about 20% during the past decade (to 14.8% in 2007). Temporary work accounts for more than 20% of total employment in Poland and Portugal, while almost every third employment contract in Spain is non-permanent. Outside of Europe, Japan has seen a particularly strong expansion of non-standard forms of employment.

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

UK:Local health care 'close to break point' [Social Policy]

EU各国が財政健全化策を求められて,EURO圏でなお危機的状況に置かれたギリシャ,スペインなどの政治的混迷が深まり,フランスでも政権交代が生じたほどですが,EURO圏ではないが,EU加盟国のイギリスでも厳しい財政緊縮策が取られており,医療保険制度ではなく国営医療制度によっているNational Health Service が,地域レベルでは崩壊に瀕している状況が,BBCによって報じられています.

といった関連記事からも窺えるように,人員の50,000人削減,病院閉鎖の可能性が取りざたされており,地域レベルの
Health services in the community are reaching breaking point in the UK, the Royal College of Nursing is claiming.
The union said evidence from its members showed cuts to councils and hospitals were over-burdening nurses in the community.
と「病院から地域ケアへ」が叫ばれる中で,地域の訪問看護サービスが重圧にさらされていると論じられています.

労働組合,労働党と現在の保守党+自由党連立政権の間の対立を反映していますから,的確な判断をするのは難しいのですが,BBCが取り上げる問題の深刻さは,近い将来に,先延ばし先延ばしを続けている日本がおそらく厳しい財政削減を迫られるに違いないことを考えると,決して他人事では済まされない問題だと思われます.

「消費税と社会保障の一体改革」というと,何か両方が改善されるようなイメージの振りまきに聞こえますが,GDP比200%という最悪の財政状態からすれば,社会保障改革は口実に過ぎず,その削減こそあれ,改善の方向はないと考えるべきでしょう.

最近の日本経済誌の記事を引用しておきますと,
「日本国債は、約1500兆円に上る個人金融資産や企業の潤沢な資金が銀行に預けられ、その資金で買い支えられてきた。国内投資家による保有比率は約9割を占める。国内資金が乏しく海外の資金に頼らざるを得ないギリシャとは違い、価格は安定し金利も1%前後の低位で推移している。 ただ、その条件はほころび始めている。豊富な国内資金の原資は、輸出や海外への投資で稼いだ経常収支の黒字だ。だが、昨年は輸出の不振と発電用燃料の輸入急増で31年ぶりに貿易収支が赤字に転落。今年1月には経常収支でも3年ぶりに赤字に転落した。高齢化の影響で、個人金融資産の取り崩しも進んでおり、国債を買い支える資金は先細りが必至だ。
そもそも、日本の財政は国の債務残高が国内総生産(GDP)の約2.3倍に達し、ギリシャの約1.6倍を上回る。市場では「消費税増税法案の国会提出が頓挫するような事態になれば、信認失墜で国債急落の“時限爆弾”が破裂する恐れがある」(債券アナリスト)との声も出ている。」

あとは,ご自由に原文をご渉猟下さい.

 

 

Doctors and nurses The NHS is under pressure, the Royal College of Nursing says

Related Stories

 

Health services in the community are reaching breaking point in the UK, the Royal College of Nursing is claiming.

The union said evidence from its members showed cuts to councils and hospitals were over-burdening nurses in the community.

The research was released as nurses gather in Harrogate for their annual conference which will be addressed by the Health Secretary Andrew Lansley.

Ministers have said reforms to the NHS will improve services for patients.

RCN General Secretary Peter Carter said nurses were bound to "demonstrate their serious concerns" about the NHS in a Q&A session with Mr Lansley.

Start Quote

Yet again and despite numerous warnings NHS organisations are making short-sighted cuts across the UK. Nurses are being stretched too thin and many are approaching breaking points.”

End Quote Peter Carter RCN General Secretary

At last year's conference RCN members gave him a vote of no confidence.

The latest research was based on online feedback from nearly 2,700 nurses in the community including district nurses, those who work in GP practices and those who specialise in mental health.

Nine in 10 reported their caseloads had increased in the last year with some saying they were even having to fill in for council social care teams by making meals for patients and doing their shopping.

Ministers have talked about moving care away from hospitals and into the community so patients can get more appropriate services.

'Facade'

But the RCN said this was proving to be a "facade" as community services were "under-invested and over-burdened".

Many nurses claimed they were actually spending less time with individual patients because of the pressures being placed on them.

The union also released the latest data from its Frontline First campaign, which has been keeping track of job losses in the health service.

The figures, disputed by ministers, suggested more than 26,000 posts have gone in the last two years and predict another 34,000 are at risk over the next three years.

Mr Carter said: "Yet again and despite numerous warnings NHS organisations are making short-sighted cuts across the UK. Nurses are being stretched too thin and many are approaching breaking points."

'Worrying'

Over the weekend the RCN also released a report claiming hospital patients were being treated in corridors and being left waiting for hours on trolleys because trusts were struggling to cope with demands.

Shadow Health Secretary Andy Burnham said the RCN findings were "worrying" and showed the NHS was "coming under attack from every possible angle".

Health Minister Simon Burns said he did not recognise the figures on job losses.

He added: "We are giving nurses in hospitals and in the community more time to care. We want to remove excessive paperwork and bureaucracy. This government believes in the NHS."


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問