So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2011年01月 |2011年02月 ブログトップ

生活保護制度の見直し問題2 [Social Policy]

生活保護の見直し問題1の続きを書きますが,その前に生活保護の見直し問題1 を若干補正しましたから,時間の経った方は,この2に入る前に,ぜひ読み直して下さい.

まず,イギリスの社会扶助が,日本の制度不変と違って,戦後どれだけ改正を重ねているかを大改革に限って書き並べたいと思います.

1948: National Assistance
1966: Suuplementary Benefits
1988: Family Income Supplement
2011: Universal Credit(新政権が提案中)

この改革の流れには,一貫して,Poor Law から引きずったStigma をできるだけ緩和,解消しようとする意図が窺えます.
日本が「生活保護」「生活扶助」を,半世紀以上使い続けてきた事実への反省が,深刻に受け止められるのでなければ,見直しのスタートに付くことすら出来ないのではないかと考えるものです.

イギリスの改革は,いずれの場合も,(1)simple で権利内容が分りやすく受けやすい制度を目指す,(2)できるだけ人間的にするため裁量による給付を維持増大する,の間を行ったり来たりしているといえます.
(1)権利性を強調して簡素化した制度が,いつの間にか,(2)人間的にしようとする動きで,複雑化し,受けにくい制度,不公正な制度になってしまう,を繰り返している感じです.

National Assistance はBoard,すなわち一種の行政委員会制度によって運営されていましたが,Supplemetary Benefits はMinistry による行政で,1980年まで存続したCommission は公平委員会の地位にとどまりました.
Family Income Supplement 以後はMinistry による直轄行政です.

制度は一貫して国の直営サービスで,申請は郵便局に置かれている用紙に記入してNewCastleにあるセンターに送れば,原則としてdeclaratiion system で,一旦申請内容を尊重して直ちに給付手続を行い,その後にmeans test が行われます.
稼働能力の有無によって,それがある者はJob Center に定期的に顔を出すことを義務づけられ,お金もそこで受け取ります.その他の者は国の事務所の所管で,お金は希望で振り込まれます.

医療が国営医療なのに加えて,1974年から住宅給付が独立制度になりましたから,日本で問題になるような貧困ビジネスの入り込む余地はかなり小さいと思います.
また,有名なChild Poverty Action Group を始め,Citizen's Advice Bureauなど,日本の供給者本位制度に乗った民間社会福祉とはひと味もふた味も違った Voluntary sector が存在することも大きな安全弁だと思います.


ここで一足飛びに日本の制度改正への提案をしますと,
①真っ先に「生活保護」=最後の拠り所という過重負担から開放すべきです.それには医療扶助,住宅扶助,就業指導を制度から分離すべきで,
ア.医療扶助jは保険料と自己負担分の経費援助を含めて原則国民健康保険制度に制度を委ねる.現在は生活保護受給者は国民皆保険制度から排除されるという国民皆保険制度矛盾を解消すべきです.
イ.住宅扶助は,経費負担は全額国として,所管は地方自治体の住宅専門部署に委ねる,民間ベースで適切な住居が見つからない場合,ホームレス対策に見られた成功例を模倣し,地方自治体からの民間委託で空き室,空き家の斡旋に委ねる.既存の公立宿泊所,宿所提供施設等はやはり民間委託する.その範囲でできるだけ利用者の選択に委ねる.
ウ・就労可能年齢者の職業指導・斡旋は情報,指導実績の集積したハローワークに委ね,現金給付もハローワークに委ねる.
②生活保護は本来的に国の責任,国の事務ですから,機関委任事務を廃棄し,国の事務として実施機関は社会保険事務所の所管に移管する.必要に応じて,可能な範囲で従来の福祉事務所の施設の一部ないし全部を社会保険事務所支所等に売却ないし賃貸する.今後,ますます社会保険給付にプラスして生活保護を受給する人が増加すると考えられますから,この移管は十分行政の簡素化に沿えるものと期待するものです.
また,社会保険事務所への移管は,社会扶助と年金給付の関係調整,「選別的普遍主義」を容易にしますから,現在の年金制度改正で論じられている「最低保障年金」の議論にも大きな影響をもたらすものです.

この制度整理によって,貧困ビジネスが,就業率の高い地域から就業率が低いないし失業率の高い,いわば保護を受けやすい地域に,潜在的被保護者を誘導すること(例えば東京,横浜から大阪などに)は解消すると思います.

最後に,日英の社会扶助の統計数字の比較を考えましたが,イギリスは激しい制度改正のため項目別の時系列は比較できないということですから,歳出の対GDP比を並べてみることにしました.
それによると,年次が違いますが,最終年次でイギリスが13.42%なのに,日本は「福祉その他」を代替させても4.25%で,まだまだかなり小さな割合であるといえます.                                なお,表の縦列が乱れていますが,記事管理の画面では完璧なので,修正困難なのです.どうぞご判読下さるようお願いします.


              Cash terms (£m)
                    Real terms (£m)
                           Real Increase (%)
                                  % of GDP

1948-49       656   17,909             5.39
1949-50       662   17,638  -1.51    5.14
1950-51       678   17,521  -0.66    4.96
1951-52       747   17,862   1.95    4.95
1952-53       901   20,176 12.96    5.54
1953-54       948   20,655   2.38    5.46
1954-55       940   20,027  -3.04    5.09
1955-56       956   19,604  -2.11    4.82
1956-57    1,083    20,966  6.95    5.10
1957-58    1,152    21,328  1.73    5.13
1958-59    1,390    25,037 17.39   5.99
1959-60    1,479    26,378  5.36    5.97
1960-61    1,497    26,140 -0.90    5.69
1961-62    1,674   28,388   8.60    6.06
1962-63    1,804   29,616   4.32    6.22
1963-64    2,009   32,452   9.58    6.44
1964-65    2,111   32,540   0.27    6.21
1965-66    2,496   36,674  12.71   6.85
1966-67    2,681   37,788    3.04   6.93
1967-68    3,050   41,791  10.59   7.44
1968-69    3,468   45,338    8.49   7.79
1969-70    3,743   46,411    2.37   7.84
1970-71    3,991   45,694   -1.54   7.52
1971-72    4,616   48,520    6.19   7.78
1972-73    5,393   52,236    7.66   7.99
1973-74    5,920   53,477    2.38   7.86
1974-75    7,344   55,455    3.70   8.17
1975-76    9,947   59,895    8.01   8.87
1976-77   11,925   63,216   5.54   9.11
1977-78   14,495   67,586   6.91   9.51
1978-79   17,160   72,084   6.66   9.85
1979-80   20,838   74,868   3.86   9.94
1980-81   25,255   76,696   2.44  10.56
1981-82   31,039   85,994 12.12  11.80
1982-83   35,502   91,966   6.94  12.35
1983-84   38,675   95,737   4.10  12.36
1984-85   41,714   98,016   2.38  12.39
1985-86   45,813  101,919  3.98  12.38
1986-87   48,761  105,099  3.12  12.31
1987-88   51,060  104,094 -0.96  11.58
1988-89   51,888   99,060  -4.84  10.59
1989-90   55,686   99,242   0.18  10.37
1990-91   61,823  102,130  2.91  10.72
1991-92   78,813  122,917 20.35 12.98
1992-93   87,708  132,697  7.96  13.98
1993-94   95,252  140,269  5.71  14.32
1994-95   97,758  141,750  1.06  13.90
1995-96 100,473  141,620 -0.09  13.50
1996-97 104,111  141,470 -0.11  13.14
1997-98 105,881  140,209 -0.89  12.56
1998-99 106,585  138,229 -1.41  11.97
1999-00 105,555  134,249 -2.88  11.17
2000-01 108,010  135,591  1.00  10.92
2001-02 118,269  145,226  7.11  11.47
2002-03 122,636  145,883  0.45  11.23
2003-04 130,799  151,327  3.73  11.30
2004-05 136,848  154,043  1.79  11.27
2005-06 142,370  157,323  2.13  11.20
2006-07 147,429  158,232  0.58  10.95
2007-08 157,792  164,604  4.03  11.13
2008-09 172,094  175,106  6.38  12.00
2009-10 187,400  187,400  7.02  13.33
2010-11 196,400  192,078  2.50   13.42

Note: Figures should be interpreted with care since many changes have occurred to the ways in which government support for individuals is delivered. Figures for 2009-10 and 2010-11 are forecasts are from HM Treasury Budget 2010 (April).

Figures in real terms are in 2009-10 prices

Sources:
Authors' calculations using: For benefit expenditure figures: ONS series ANLY (Public Sector Social Benefits), Financial Statistics Freestanding Table HM Treasury, Budget 2010 Supplementary Material (April) Table 2.8 "Net Social Benefits" For GDP figures and deflators:
HMT Treasury website (http://www.hm-treasury.gov.uk/data_gdp_fig.htm) ONS series BKTL, ABMI and YBHA


第2表 社会保障給付費(対国民所得比)の部門別推移

年度 社会保障給付費(対国民所得比)(単位:%)

              医療   年金    福祉その他  国民所得(億円)

1951(昭和26)   3.54 1.81     1.73       44,346
1952(   27)   4.21 2.20     2.01       52,159
1953(   28)   4.29 2.47     1.83       60,015
1954(   29)   5.83 2.60     3.23       65,917
1955(   30)   5.58 2.75     2.83       69,733
1956(   31)   5.05 2.56     2.49       78,962
1957(   32)   4.91 2.51     2.41       88,681
1958(   33)   5.41 2.24     3.18       93,829
1959(   34)   5.23 2.28     2.95      110,421
1960(   35)   4.86 2.18     2.68      134,967
1961(   36)   4.91 2.39     2.52      160,819
1962(   37)   5.15 2.63     2.53      178,933
1963(   38)   5.31 2.79     2.53      210,993
1964(   39)   5.60 3.05   1.27 1.29    240,514
1965(   40)   5.98 3.41   1.31 1.26    268,270
1966(   41)   5.90 3.40   1.33 1.17    316,448
1967(   42)   5.76 3.35   1.32 1.10    375,477
1968(   43)   5.74 3.36   1.33 1.05    437,209
1969(   44)   5.52 3.26   1.33 0.93    521,178
1970(   45)   5.77 3.40   1.40 0.97    610,297
1971(   46)   6.11 3.41   1.55 1.15    659,105
1972(   47)   6.40 3.61   1.59 1.20    779,369
1973(   48)   6.53 3.58   1.75 1.21    958,396
1974(   49)   8.03 4.20   2.38 1.45  1,124,716
1975(   50)   9.49 4.61   3.13 1.75  1,239,907
1976(   51) 10.34 4.85   3.80 1.68   1,403,972
1977(   52) 10.85 4.90   4.23 1.72   1,557,032
1978(   53) 11.51 5.19   4.56 1.76   1,717,785
1979(   54) 12.07 5.36   4.93 1.77   1,822,066
1980(   55) 12.15 5.26   5.13 1.76   2,038,787
1981(   56) 13.03 5.44   5.69 1.89   2,116,151
1982(   57) 13.67 5.64   6.06 1.97   2,201,314
1983(   58) 13.82 5.66   6.23 1.93   2,312,900
1984(   59) 13.84 5.58   6.36 1.90   2,431,172
1985(   60) 13.69 5.48   6.48 1.73   2,605,599
1986(   61) 14.40 5.65   7.00 1.75   2,679,415
1987(   62) 14.49 5.69   7.11 1.69   2,810,998
1988(   63) 14.03 5.51   6.95 1.57   3,027,101
1989(平成元)  13.99 5.46   7.03 1.50   3,208,020
1990(    2)  13.61 5.30   6.93 1.38   3,468,929
1991(    3)  13.59 5.29   6.94 1.36   3,689,316
1992(    4)  14.71 5.72   7.49 1.50   3,660,072
1993(    5)  15.55 5.97   7.95 1.63   3,653,760
1994(    6)  16.34 6.18   8.38 1.78   3,700,109
1995(    7)  17.54 6.52   9.08 1.94   3,689,367
1996(    8)  17.77 6.62   9.19 1.95   3,801,609
1997(    9)  18.16 6.62   9.52 2.02   3,822,945
1998(   10)  19.55 6.88 10.41 2.26   3,689,757
1999(   11)  20.59 7.24 10.95 2.40   3,643,409
2000(   12)  21.01 6.99 11.08 2.94   3,718,039
2001(   13)  22.53 7.37 11.78 3.37   3,613,335
2002(   14)  23.49 7.38 12.47 3.63   3,557,610
2003(   15)  23.53 7.43 12.51 3.59   3,580,792
2004(   16)  23.60 7.46 12.51 3.63   3,638,976
2005(   17)  23.99 7.68 12.65 3.66   3,658,783
2006(   18)  23.75 7.49 12.61 3.65   3,752,258
2007(   19)  24.16 7.65 12.76 3.75   3,784,636
2008(   20)  26.76 8.42 14.09 4.25   3,515,221

(資料)国民所得出所は、昭和29年度以前は経済企画庁「昭和53年版国民所得統計年報」、 昭和30-52年度は同「長期遡及主要系列国民経済計算報告」、 昭和53-54年度は同「平成12年版国民経済計算年報」、 昭和55-平成20年度は内閣府経済社会総合研究所「平成22年版国民経済計算年報」による。



生活保護制度の見直し問題1 [Social Policy]

日本の生活保護制度は,これも私が主張する国際標準化とは大きくかけ離れた存在です.とりわけ,戦後立法化されて以後,一度も大きな改革を見なかったというのも,その間の日本社会の大きな変革を考えるとまったく信じがたいことです.

厚生官僚が無能を極めたからでしょうし,歴代厚生大臣,厚生労働大臣も無能だったからという他はないでしょう.それに加えていえば,政党政治が言葉の正しい意味で成立してこなかったことも原因の一つとしてあげるべきでしょう.

生活保護で受けられるのは,1.生活扶助,2.教育扶助,3.住宅扶助,4.医療扶助,5.介護扶助,6.出産扶助,7.生業扶助,8.葬祭扶助 の8つの扶助の内から,単給ないし併給で受けられるのですが,生活保護法の改正で加わったのは,介護保険制度創設に当たって作られた「介護扶助」位のモノで,基本的枠組みは何も変わってこなかったのです.

しかし,最近,一部の大都市の保護率が突出して高まった事を機会に,ようやく生活保護制度をなんとか改革しようという機運が高まっているようです.

その場合の参考までに,ここで,イギリスの戦後社会扶助制度の変遷について,いかに大きく変遷してきたかを見てみたいと思います.

イギリスの戦後社会扶助制度の成立には,Beveridge Report (1942年12月1日)が大きく関わっていたことをまず指摘しなければなりません.有名なBeveridge Report は, 'Social Insurance and Allied Services'.と題されていて,Social Insurance については flat rate, flat benefit とUniversal に均一掛金,均一給付と定め,それに関連したサービスの1つとして,Child Allowance を提案していました.                                                      少し遅れて(in 1944) 政府が白書,white papers on education, strategies for achieving full employment, and the creation of a national health service. で教育の充実,完全雇用の確立,国営保健医療サービス,を公約していました.

時間的ズレは別として,The National Insurance Act (1946), for example, created a comprehensive system of unemployment, sickness, maternity and pension benefits funded by employers, employees and the government. Most famously of all, the National Health Service (NHS) Act instituted for the first time in Britain a universal state health service. The Act, which came into force in July 1948, provided free diagnosis and treatment of illnesses at home or in hospital, including dental and ophthalmic treatment.

保健医療が国営化されましたから,社会扶助が医療扶助を包含することは全くなかったのです.National Assistance 施行に伴って,主としてWorkhouse にいた人々は,the ‘sick’, who were placed in hospitals (c. 90,000 people) and those needing ‘care and attention’ (c. 42,000) who were placed in residential homes, overwhelmingly former workhouses.ぶ区分されました.イギリスでは介護は医療と区分されませんでしたから,’sick’すなわち医療に近ければNHS,care and attention に近ければ,地方自治体の Social Care に分担されました.
さらに1974年からは,住宅費もHousing Benefits として独立しましたから,住宅費も社会扶助の範疇から外れています.つまりイギリスの社会扶助は日本のように「最後の拠り所」という重い負担からは解放されているのです.

日本はドイツに習って,介護保険を制度化しましたが,ドイツではそれは州政府のSocial Assistance から分離されて成立したのに,日本では国,地方の医療保険から無理矢理分離されて成立した経緯があります.日本の介護保険は英語表示では”Long Term Care” Insurance と呼称されますが,Long Term Care はアメリカでは医療の範疇に属します.
事ほど左様に,とにかく日本は国際標準化されていないのです.つまみ食いをして,つぎはぎで出来ているまことに困った体系です.厚生省が内務相時代からセクショナリズムが強く,どこも社会保障を総合的に考えることがなかったのです.いくつも作られた審議会も,ほとんどが厚生省の意向に沿った答申しかしてきませんでした.
私が東京で開催された国際社会福祉協議会の分科会の議長を務めた時,当時の厚生省社会局庶務課から,社会福祉士国家資格制度の必要性を答申に織り込むように要請されましたが,私は世界に類例のないことを盛り込むことは出来ないと無視しました.ところが厚生省は,国際社会福祉協議会の一行が見物を兼ねて大阪で持った会議で,外国の参加者から日本の資格制度の欠陥を指摘されたと称して,強引に社会福祉士制度を法制化してしまったのでした.前にも書きましたが,平成の開国に向けて,無用の資格制度が撤廃されることを期待しています.

Child Allowance は勤労意欲を損なわないための制度として提案されたのです.戦前からのPoor Law →第1次世界大戦後のUnemployment Assistance が新制度National Assistance に移行するに当たって,児童数が増えれば,働くより扶助を受けた方が収入増になる(欧米の賃金制度は基本的には同一労働,同一賃金ですから,賃金は児童数とは無関係)情況が起こると,イギリス人の間で勤労意欲を失わせかねないと考えたからです.Child Allowance は,賃金が児童1人はカバーするとして,最初は2人目の児童から給付と定められました.

すなわち,National Assistance はChild Allowance を前提にして作られた制度だったのです.
しかし,National Assistance はPoor Low の2つの原則,(1) Workhouse principle,(2)Principle of Less eligibility は,実はほぼそのまま受け継いでいたのです.(日本のほとんどの社会福祉学者はこの点を誤っています)
(1) は五体満足な男性はNational Assistance から排除されるという原則(Workhouse は廃止されたので,かえって厳しくなったといえます) (2) は失業者への扶助は,その者が働いたら得られるであろう賃金(働いていた時の賃金ではないのは,イギリスは当時は技術革新が進んでいたからです)を上回らないという原則として,(1)(2)共,1975年にChild Allowance がChild Benefits として拡充されるまで存続したのです.(1)はその後も存続したというべきでしょう.

この勤労意欲と社会扶助の間に生じうる問題を解消するbest な選択として提唱されたのが,1960年代から主張されたNegative Income Tax です.しかし,そこではNegative Income Tax の勤労へのIncentive を強調しようとすると,角度が大きくなって,逆に最低保障が損なわれるという難点があり,進歩派からは,それより最低保障に重きを置いた Guranteed Income が提起されましたが,それでは勤労意欲問題が解消されないとして,いわば相打ちの形で,両案とも立ち消えた経緯があります.

長くなりますから,一旦ここで区切りとして,次回に続きを書きます.




増税とSocial Spending Cut 両立の困難さ [Social Policy]

この週末カラ管さんが どうやらDavos, Switzerland,に飛ぶようですが,Davos 会議は既に始まっていて.EURO 諸国の中でギリシャアイルランドスペインに始まり,ついでスエーデン,ドイツフランスやUKで始められている財政赤字削減策の当面の評価が議論になっているようです.
カラ菅さんは,前のブログで書いたように,Obama の果敢な財政カット策提案とは違って,最高率の財政赤字を抱えながら,さらに,財政赤字予算を組んで,それが引き金になってアメリカの格付け会社Standard & Poor's から日本国債の格付けをAA-に引き下げられながら,まったく手ぶらで行くのですから,行っても全然話が合わない,あるいは話に入れないでしょうね!本当に行くとしたらいったい何しに行くのでしょう?

情報が入りやすいUKについて調べますと,1.Value Added Tax 17.5%→20%へup, 2.厳しい当初予算からのさらなる財政削減,をやっています.VAT は単純明快ですから,予算削減を見ますと,Social Spending への切り込みには厳しいモノがあります.

私が前から書いているように,日本の社会保険,ソーシャル・サービスは,著しく国際標準から外れていますから,ほとんど訳しようがありませんから,英文のまま引用しますと,

Here are the key points of Chancellor George Osborne's Spending Review.

* About 490,000 public sector jobs likely to be lost
* Average 19% four-year cut in departmental budgets
* Structural deficit to be eliminated by 2015
* £7bn in additional welfare budget cuts
* Police funding cut by 4% a year
* Retirement age to rise from 65 to 66 by 2020
* English schools budget protected; £2bn extra for social care
* NHS budget in England to rise every year until 2015
* Regulated rail fares to rise 3% above inflation
* Bank levy to be made permanent

この中では,* £7bn in additional welfare budget cuts,* Retirement age to rise from 65 to 66 by 2020,
£2bn extra for social care; * NHS budget in England to rise every year until 2015
などが目立ちます.
この後,2010/10/20 にさらに追加カットがありましたが,Davos 会議では,UK の国内総生産が10~12月期にー0.5%減少したことが話題になり,VAT引き上げ,財政削減が経済成長のマイナスになったのではないかが話題になっています.しかし,UK側は,2010年初冬の大雪の影響だから,spending cut の故ではないと弁明に追われているようです.

いずれにせよ,歳出削減,Benefits cut と経済成長を両立させることの困難さを示しているといえます.
日本の「税と社会保障の一体改革」についても,議論はいっそう難しいと思われてなりません.

先に日本の国債格付けがワン・ランク引き下げられたと書きましたが,それは赤字削減努力の欠落に対する厳しい見方を示したモノで,カラ管の取組が一段と注目されますが,今夜のニュースでこの問題を問われて,「国債格付けの問題には疎いから.明日にして下さい」とカラ管がぶら下がりを断っていたのには,本当に,本当にビックリしました.重ねて,与謝野大臣は,民放番組に出て,これは日本に増税を促すモノだといったといいますから,これも驚きです.
財政削減なくして増税はあり得ないことは,アメリカやヨーロッパの例をみれば明らかでしょうに!
与謝野もミス・ポストを証明したようなモノで,まったく心細い限りです.

Obama's State of the Union Address とカラ管の施政方針 [Social Policy]

まず最初に指摘したいのは,世界の大国アメリカの大統領の1時間10分に及ぶ年頭教書演説に,中国韓国は登場しますが,日本は1度も登場しなかったことです.これは明らかに日本の国際的地位の低下を反映しています.

日本の施政方針では,1.平成の開国,2.税制と社会保障の一体改革,というお題目を掲げて,税収を上回る国債発行を続ける無神経振りで,経済成長戦略はまともに打ち出せさなかったのです.

それに対してObama は,安全保障を除く国内向け裁量的支出を向う5年間凍結して,今後10年間で4000億ドルの赤字削減を図ることを打ち出しました.アメリカの財政赤字は累積1兆4000億ドル,GDP比では2012年に70%に達する見込みです.日本の国・地方を合わせた長期債務残高は,対GDP比が既に181%(22年度末)なのに一体全体何を考えているのでしょう!
一部にあったアメリカの年金引き下げはまったく言及されていませんでしたし,Value Added Tax はもともと州の財源ですから,Obama の権限外です.

つい最近までは,日本がアメリカの国債を大量保有していたのですが,いまや世界の大国中国が取って代わっていて,胡錦濤主席が最近のアメリカ訪問で,超国賓待遇を受けたのももっともな話です.訂正しますが,中国は2010年夏にアメリカ国債を大量販売したそうで,再び,日本が最大保有国だそうです.背景に,中国人の間に中国はアメリカを養っていながら,国内問題に目を向けないという趣旨のブログが急増したことがあったそうです.

日本の小泉さんがBush 大統領と親交を結べたのも当時の日本の経済的背景があったからこそだったのですから,カラ管首相の5月連休の訪米?では,どんな扱いを受けることでしょう.日本の国際格下げがあったばかりですから...ネジレ国会同士ではありますが!

Obama は同時に法人税を引き下げ, Innovation を強調し,国際競争力を高める経済成長戦略を打ち出しています.to reform government, cut spending and invest in infrastructure to win a global competition for jobs. とあります.赤字削減目標設定が長期金利の低下を促すとすると,アメリカの雇用創出に寄与し,経済成長にプラスに働くモノと思われます.そこが上手くいかないと来年の大統領選挙で苦戦に陥るでしょうから...

いずれにしても,カラ管さんの「税制と社会保障の一体改革」というのは,明確な経済成長戦略を欠いたままでは,前のブログに書いたように,やはり消費税増税の口実に過ぎないでしょう.



税,社会保障制度の一体改革への疑念 [Social Policy]

先程,カラ管の施政方針演説が終わったところです.
新聞の速報では,国造りの理念として(1)平成の開国(2)最小不幸社会の実現(3)不条理を正す政治-の三つを明示。とあります.

また,「平成の開国」に向け「今年は決断と行動の年だ」と決意を表明。社会保障制度改革のため、国民に対し「ある程度の負担のお願いは避けられない」と述べ、消費税増税を含めた負担増への理解を求める。そして、首相は、経済連携で焦点の環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加の是非や社会保障と税制の一体改革をめぐり、国会、与野党間で「議論を始めよう」と論じたと報じています.

このなかの「社会保障と税制の一体改革」についての議論で,私は大きく抜け落ちている論点があると考えます.それは,第1に,日本経済の平均成長率の見通しを明示していない点です.そして第2に,「平成の開国」が可能性として少子高齢化の程度を大きく緩和する可能性,経済成長に寄与する可能性についてまったく無視している点です.

第1に,経済成長率をどう見積もるかによって,社会保障のうち「年金制度」のあり方が大きく変わることは説明を要しないからです.                                                      
とりわけ前回の抜本改革で,年金給付額のスライド制が賃金スライドでなく,物価スライドに切り替わっているからです.つまり中程度に高い経済成長率を確保できれば,賃金にスライドする保険料比較して,年金給付は物価にスライドしますから,強いデフレ傾向が円高背景に続くと考えれば,高い経済成長率は大幅な年金財政の改善に寄与する制度になっているといえます.

こうした制度改革で,わが国が「失われた20年」を脱却して高度成長といわないまでも中度成長路線に戻すことが出来れば,人口の少子高齢化に対する対応は既に完結していたはずなのです.

このように過去の年金制度改革のごく最近の歴史を忘れ去って,ストレートに「税と社会保障の一体改革」というのは,いかにも世界最高の国債残高を抱えた潜在的経済危機国家の改善のための「消費税増税」目的で言い出されたこととしか考え難いのです.何故なら,2011年度予算では,性懲りもなく,税収を上回る国債発行額を予定して,まともな予算を組んでいないのですから,「社会保障」はどう考えても税収増を図る口実として使われているに過ぎないといえます.

第2に,「平成の開国」「第3の開国」は,もし真剣にやるなら,少子高齢化を大きく緩和する可能性と,中度成長路線への回復軌道に乗せる可能性をはらんでいることです.
私は前に実質経済成長率と人口に外国人が占める比率をグラフ化して示したことがありますが,外国人比率が高い国ほど高い経済成長率を達成している結果に驚いたことがあります.その2000年頃の時点の外国人比率が最低だった日本は成長率も最低を底這いし続けているのです.

「第3の開国」というからには,日本もどんどん外国人労働者に入国して貰えば,人員不足に悩む部門の悩みは解消し,消費性向が高まる上,優秀な人材が来ることによって,現状よりはるかに高い経済成長を達成できるでしょう.
そのためには,医療,社会福祉における様々な日本独特の入国障壁;特に(日本語)資格試験は,世界に例を見ない制度(たとえば社会福祉士,介護福祉士試験制度,保育士資格制度:児童福祉施設内の児童虐待の顕在化で,この資格制度が揺らいでいることは周知の事実)ですから,TPPとも関わって,規制ばかりに熱心な官僚制支配を打破し,平成の開国,第3の開国を進めるうえで,人的交流を抑制するあらゆる規制,障壁が撤廃されるべきです.現実に日本人の海外生活経験者は多数に昇っていますから,介護を受ける人にとって.別段,語学が障害になることはないと考えるべきだと考えます.

それも日本が多少とも外国人に魅力的な間にやらないと,間もなく日本などに来てくれる人材は急速に減少枯渇すると予測すべきだと懸念するモノです.

この第1と第2の諸点が改善されれば,「税,社会保障制度の一体改革」の必要性はほぼ失われるに違いありませんから,社会保障と結びつけた税制改正には大きな疑念が残ります.
カラ管さんは2言目には検討会を立ち上げると下駄を預けてしまうのですが,「税,社会保障の一体改革」は,ぜひ内閣の責任で「一体」を外して,独立に経済危機打開のための税制改革の議論に集中すべきです.

ご参考までに書きますと,民主党は2000年末に「新成長戦略」として,要点次の主張をしていました.
1.「新需要創造・リーダーシップ宣言」
2.6つの戦略分野の基本方針と目標とする成果
強みを活かす成長分野
 (1)グリーン・イノベーションによる環境・エネルギー大国戦略
 (2) ライフ・イノベーションによる健康大国戦略
フロンティアの開拓による成長
 (3) アジア経済戦略
    ~「架け橋国家」として成長する国・日本~
 (4)観光立国・地域活性化戦略
    ~観光立国の推進~
    ~地域資源の活用による地方都市の再生、成長の牽引役としての大都市の再生~
    ~農林水産分野の成長産業化~
    ~ストック重視の住宅政策への転換~
成長を支えるプラットフォーム
 (5)科学・技術立国戦略
    ~「知恵」と「人材」のあふれる国・日本~
    ~IT立国・日本~
 (6)雇用・人材戦略
    ~「出番」と「居場所」のある国・日本~
    ~子どもの笑顔あふれる国・日本~
3.豊かな国民生活の実現を目指した経済運営と今後の進め方
 (1)マクロ経済運営
 (2)新たな成長戦略の取りまとめに向けた今後の進め方

これでは,具体性がなくってよく分りませんよね.しかし,~「知恵」と「人材」のあふれる国・日本~,
~IT立国・日本~は,アジア新興国から多数の人材が日本に集まることを前提にできなければ,「失われた20年」を「失われた30年,40年」に延伸するだけでしょう.既にそうした人材は日本への魅力を見失い始めているのではないでしょうか.

GDP の大きさで2010年には中国に抜かれた日本は,1人当たりで見ると,シンガポール,香港,台湾に抜かれていることを辨えない議論をしていると思いますね.

50年前に潰されていた幼保一元化付帯決議 [Social Policy]

j事業仕訳の余波からか,にわかに幼稚園保育所を一元化しようという機運が高まっており,カラ管内閣の一種の公約になりました.

しかし,幼保一元化は,そもそも第2次世界大戦後,児童福祉法が成立し,保育所制度が作られた時に,「速やかに幼稚園と保育所の一元化を図る」という付帯決議が行われていて,60年前には実現の機運にあったのです.

それに沿って,保育所は1950年頃には,他の児童福祉施設とは区別されて,国の縦割り補助金制度に組み込まれずに,(平衡)交付金制度に組み込まれていました.つまり当時の厚生省の縦割り補助金からは外れていたのです.当時の戦時体制的な中央集権体制の見直しを図ろうとした占領軍の意向に沿って,体制的な「国と地方関係」の見直しを行ったシャウプ使節団の勧告に沿った措置だったのです.

それが,サンフランシスコ平和条約締結で,占領体制から開放された後,直ぐに厚生省は必死の巻き返しを図って,別の事項を巡る児童福祉法改正に当たって,こっそりと児童福祉法の保育所条項に「保育に欠ける児童」という文言を忍び込ませ,その上で,国庫補助金制度の下に組み込んで,幼稚園と保育所を「別物」として固定化したのは,厚生省の権能を維持拡大しようとした当時の厚生官僚(元内務省官僚)の悪智恵から出たことだったのです.

その間に,幼稚園の方でも,一部大都市部でピラミッド大学教育の上部を目指した「お受験体制」に乗っかろうとする幼稚園が続出するようになって,幼稚園側からも「保育所」とは異質という性格が強調されるようになってしまったということがあり,今日のように,突出した一部幼稚園側からも,教育施設と保育施設の差違が強調されるようになって,カラ管内閣では,とてもとても一元化など進めようがない事態に陥ってしまっているというのが,戦後行政の大きな失政として残されているということがあります.

政治的決断で実行する以外にはスムースにいかなくなっていることを,簡単にできるように政策化したカラ管内閣の内実を浮き彫りにした失政というべきでしょう.ようほ

近頃思うこと1 [Social Policy]

私は曲がりなりにも政治学を専攻したものとして,日本の政党はクリーク的,徒党的な性格を持っていて,いわゆる政党政治は未だ確立していないことを学びました.

戦後60年以上経って,ようやく小澤幹事長の活躍で与野党逆転が生じ,本格的な政党政治が成立したのかと期待しましたが,最近の民主党の内ゲバ情況を見ていると,カラ管対旧来型政治家の対立が見苦しく見えて,これはどうしようもない感じです.

これでは日本の政治は空回りするだけで,充実した日本経済として考えてきた部分はどんどん空洞化して,失われた20年が30年,40年に及びそうです.

カラ管は,にわかに政権に強い執着心を見せ始め,
1.TPPに参加して平成の開国を実現する,
2.年金医療介護の社会保障と租税を一体的に改革し,消費税増税で財源確保を図る,
などと言い出しています.

項を改めて,この1.平成の開国,2.税制と社会保障の一体改革 について私見を述べたいと思います.

学術論文としてではありませんから,いちいち資料参照や引用を明記しないことが多いと思いますが,予めご了承下さい.

-|2011年01月 |2011年02月 ブログトップ